日本でギャンブルするならここ! 最も人気の賭博場 4選

日本では、常にギャンブルは人気があり、運が左右する様々なゲームが日々楽しまれています。ギャンブルは、間違いなく国内で最も一般的な余暇の過ごし方の一つです。多くの人は、店舗型のギャンブル施設とオンラインカジノの両方に賭けています。このレビューでは、国内で最も人気のあるギャンブル場をいくつかご紹介します。是非、ご覧ください。

マルハン新宿東宝ビル

マルハン新宿東宝ビルは、東京で最も有名なギャンブル場の一つです。数百のスロットマシーン、複数のテーブルゲームとルーレットを備えています。ほとんどのプレイヤーは、リラックスしながら、お気に入りのゲームをプレイするために訪れます。一方で、プロのギャンブラーもたくさん訪れます。煌びやかなマシーンや大音量の音楽に飽きたら、近くのレストランやバーで休憩し、ドリンクを楽しむこともできます。

Funabashi, Japan – February 28, 2016 : Jockeys complete the Race 9 at Nakayama Racecourse, Chiba, Japan. Nakayama Racecourse joins Tokyo Racecourse as the feature racecourses in the capital area.

中京競馬場

競馬は、日本で最も古いスポーツの一つで、性別に関係なく全ての年齢層の人々に人気です。中京競馬場は愛知県豊明市にあり、競馬を観戦できる最も重要な場所の一つです。1994年に建てられ、約58,000人を収容することができます。

中山競馬場

有名な中山競馬場は、千葉県の中心にある船橋市に位置します。ここは100年以上の歴史があり、何度かリノベーションが行われていて、現在では、驚くべきことに16万5000人の収容が可能です。レースを観戦して、お気に入りの馬に賭ける以外にも、付近にある多種多様なバーやレストランを楽しむことができます。

阪神競馬場

1949年に旧軍用空港の敷地内に設立された阪神競馬場は、日本で最も古く、最も人気のあるギャンブル場の一つです。兵庫県に位置していて、県のランドマークとなっています。この会場では、年間約20日間、競馬が行われ、50,000人以上の観客を迎えています。会場は、神戸、大阪、京都の3大都市の近くにあり、統計によると、昨年は100万人以上が訪れました。競馬場の周りには、あらゆる種類のバー、クラブ、レストランなどがあります。